地産地消

鳥取県畜産農業協同組合の「地産地消」の取り組み


センチュリープラン(百年計画)

―これからの農業・畜産の"センチュリープラン(百年計画)"を考える―
食の安全と健康・環境保全型農業を支える新しい産直とは・・!


循環型農畜産業

循環「自給」−「休耕田」「転作田」を利用し、「肥料米」「ホールクロップサイレージ」を栽培。自給飼料による安全性の追求。エサの自給率の向上を目指す。堆肥の「資源」としての積極的な活用。水田に還元することにより大量の堆肥が利用可能。食品の副産物の利用。「有限な」食料を100%活用する。⇒おから/醤油の搾り滓/BG米の糠/その他活用できるもの。循環できる資源として活用し、穀物消費を削減する。