蠹貮凜灰鵐肇薀ター
東部コントラクターは当初トリチク内の一部署として鳥取県初のコントラクター組織として誕生し、WCS生産をメインとした耕畜連携モデルを確立致しました。

そのような10年以上に渡る自給飼料生産ノウハウを根幹に、今後ヒト用米、野菜などの栽培を含む耕種、また和牛肥育や養鶏などを含む畜産といった農業全てを、人的面、技術面で下支えする循環型農業のリーディングプレイヤーとして活躍します。



会社概要

会社概要

会社概要及び沿革について


取り組み概要のご紹介

取り組み概要のご紹介

蠹貮凜灰鵐肇薀ターの取り組みのご紹介


飼料米を使った新しい飼料(SGS)作りへのチャレンジ

飼料米を使った新しい飼料(SGS)作りへのチャレンジ

鳥取県畜産農協(トリチク)では平成13年度より、食料自給率の向上及び輸入飼料の価格高騰に対する自給飼料の確保を目的に飼料用イネによるWCS生産・供給を進めて参りました。しかしながら輸入飼料価格の高止まりに加え、TPPによる安価な輸入牛肉との価格競争に備え、飼料用米を加水破砕処理したSGS(ソフトグレインサイレージ)の生産・供給に向けて新たな取り組みを始めております。


ニュージーランド酪農研修報告

ニュージーランド酪農研修報告

世界一の乳製品輸出を誇るニュージーランドでNZ流酪農を目の当たりにしました。